上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
人を動かす3つの方法

あなたは誰かに何かをしてもらいたいとき、
どういうふうにアプローチしていますか?


例えば、自分では捌ききれない仕事を
誰かにお願いしたい。

例えば、給料を上げてもらうよう
会社と交渉したい。

例えば、自分の子にもっと勉強して
いい成績をとってほしい。


アメリカで25年にわたって説得術を
研究しているラッセルグレンジャーによると、
相手を動かすには3つの選択肢がある
と言います。

1.強制

権力を使って強制的に相手を動かします。

社長が社員にしんどい仕事をさせるとか
親が子供に無理に勉強させるとか
そういった場合に使われます。

強制の力が働くので基本的に
相手は思い通りに動きますが
場合によっては相手は強く反発します。


2.交渉

交換条件を提示して相手を動かします。

ただ、交渉相手と契約が成立するまでに
相手の要求に応えたりする必要があるので
動かすまでに時間がかかったりします。

また、交渉で動かした人は基本的に
交換条件以上の結果を出しません。
自発的に動くことはありません。


3.納得

相手を納得させて理解させて動かします。

納得した相手は自発的に
自分の意思で動いてくれるので
速やかに動いてくれます。

また、納得して行動しているので
どんな結果になろうと不満はありませんし
依頼した以上の結果も期待できます


相手を納得させて動かす技術を学べば
同意、やる気、行動、望ましい結果の
すべてを手に入れることができます。


そして、ラッセルグレンジャーによると
この説得の技術は会話の達人でなくても
誰でも習得することが出来ると言います。


その習得の方法とは、、、

コチラからチェックしてみてください。

Yes!を引き出す7つのトリガー「説得の科学」



人気ブログランキングへ

<目次>
第1章 説得術が持つ脅威のパワー
第2章 勝者と敗者を分かつもの
第3章 脳の働きを探る長い道のり
第4章 脳は感情で考える
第5章 意思決定の源泉
第6章 説得の原動力
第7章 7つのトリガーが無意識の決断を導く
第8章 「友情」のトリガー
第9章 「権威」のトリガー
第10章 「一貫性」のトリガー
第11章 「交換」のトリガー
第12章 「対照」のトリガー
第13章 「理由」のトリガー
第14章 「希望」のトリガー
第15章 望み通りの成果を得るには
第16章 説得のためのコミュニケーション
第17章 説得に生かすプレゼンテーション
第18章 反対や抵抗は歓迎すべき要素である
第19章 コミットメントを確保する


<著者紹介>
ラッセルグレンジャー

25年以上も神経科学を
ビジネスに応用する研究をしている世界的権威。

最新の脳の研究を元に、
ビジネス界で職人技のように扱われる、
説得、営業、交渉などのテーマを
科学的に成功させる方法を開発。

シティ・グループやプルデンシャル、
AT&Tなどとパートナーシップを組んで
神経科学を使った説得術を研究・研修して、

彼の運営する研修会社は米国だけでなく
ヨーロッパ、オーストラリア、シンガポール、
ニュージーランド、香港にまで展開。

他にもGE、ヒルトンホテル、ソニー、
AMEX、フェデックスなど
世界的な優良企業がクライアントに名を連ねる


※5/18(水)までにお申し込みになった場合、ボーナスも含めると
事実上、無料お試しで2冊の本を手に入れることができます。
但し、Yes!を引き出す7トリガー「説得の科学」の在庫約1800冊
がなくなり次第当該キャンペーンは終了になります。


人気ブログランキングへ

■もう、このプレゼントは受け取ってもらえましたか?無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

スポンサーサイト
2011.05.16 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mitinoeki22.blog100.fc2.com/tb.php/299-1b737b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。