上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

小売店集客法


"ウィキ"暴露に中国も戦々恐々―中国指導者の決定過程が明らかに
http://www.youtube.com/watch?v=9mfQRFl8vt8
2010年12月10日
【新唐人日本2010年12月8日付ニュース】
最近、ウィキリークス(Wikilea­ks)の暴露文書が世界を揺るがしています。中国共産党の秘密も明かされました。
特に­、中国の次の指導者と目される李克強(りこくきょう)氏がアメリカ大使に言った言葉、­"中国のGDPは当てにならない"はとりわけ話題になっています。

ウィキリークスが暴露した2007年3月15日付の文書は、当時の中国駐在のアメリカ­大使、クラーク・ラント氏と李克強副首相の談話を記録。

李氏は笑みを浮かべながら、"中国のGDPは人為的で、当てにならない"と述べました­。

その理由として、例えば遼寧省(りょうねいしょう)の2006年の経済成長率は12.­8%で中国ではトップ10に入ったものの、遼寧省の貧富の格差は激しく、生活保護を受­ける住民の割合は、全国でも最悪のレベルです。

また、多くのデータに矛盾があるとし、­遼寧省の経済を見るには、電力量と鉄道貨物の輸送量、銀行の融資だけで十分だと述べま­した。

2009年7月23日の公電には、中国指導部の生々しい現実が記されています。
中国上層部と密接な付き合いのある関係者によると、中国の指導者の政策決定は主に、利­益と権力が物をいいます。

中国共産党政治局常務委員会の決定過程は、企業のように、持­ち株が多いほど、決定権が大きくなります。

政策決定のカギになるのが、特権や利益の保­護なのです。

これは改革の障害になるものの、彼らの既得権益は守られます。

関係者によると、指導者たちは中国の独占企業の利益を山分けしています。

例えば、李鵬­(りほう)元首相の家族は、電力業界。公安省のトップ、周永康(しゅうえいこう)氏は­、石油産業。

元中国の指導者、陳雲(ちん うん)氏の家族は中国の銀行業界。賈慶林(か けいりん)氏は北京の不動産開発の影の受益者です。

公電はまた、中国上層部の序列は、血筋や経歴で決まると指摘。そのため、共産党高級幹­部の子弟とたたき上げの競争に終わりはありません。

また、中国指導部の特徴として、退任しても自分と家族を守れるともいわれます。そのた­め、指導者は自分が退いても、守ってくれる人を抜擢するのです。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2010.12.14 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mitinoeki22.blog100.fc2.com/tb.php/238-fc51084a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。