上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

4億円の価値を得るたった1つの方法


from 松下誠

8月24日、FXで1億3900万円の所得税の脱税をした主婦の方に懲役1年6月、執行猶予3年、罰金3400万円が課せられる

ニュースがありました。


下記がそのニュース記事です。



===========================



FX脱税の主婦に有罪=売買利益4億円隠す-東京地裁

 
個人投資家向けの金融商品「外国為替証拠金取引」(FX取引)などで得た所得を隠し、

所得税約1億3900万円を脱税したとして、

所得税法違反の罪に問われた東京都世田谷区の主婦池辺雪子被告(60)の判決が24日、

東京地裁であった。


 
佐藤卓生裁判官は「脱税した金を着物や宝飾品の購入や旅行に使う目的で犯行に及んでおり、

納税意識は極めて低く、動機に酌むべき事情はない」と述べ、

池辺被告に懲役1年6月、執行猶予3年、罰金3400万円

(求刑・懲役1年6月、罰金4200万円)を言い渡した  
 


yahooニュースより引用



===========================



税金を払わなかったという事を除けば、売買利益で年間4億円も出しているというのは、

かなりのツワモノトレーダーなのか、ものすごい強運トレーダーのどちらかだと思います。


こういう記事を読むと私達は、


「すごい利益を出してうらやましい」


とか、


「なんでそれだけ稼いでいるのに、脱税なんかするんだろう。 稼いでいるんだったら、少しぐらい税金を取られても、まだまだ億単位のお金が残っているじゃないか。」


「出て行くお金ではなく、残るお金に焦点を合わせればいいのに。」


とか思ってしまいます。


私はこの記事を読んで、2つの事を思いました。



1つはバランス感覚が少し足らなかったのかなーという事です。


自分が相場から利益を得させてもらえているという感謝の気持ちをもって謙虚に投資をしていれば、脱税なんかせずに済んだかも知れないのに、そういう感覚がかけていたのかなと思いました。


でももう1つはもっと大切です。


このことはすべての投資家に共通しますし、しっかりと認識しておかなければ、同じ過ちをおかしてしまう可能性もあります。



それは【恐怖心】です。



この人は表面的には認識していないかもしれないし、もちろん違うかもしれないのですが、この人は【恐怖】だったんじゃないかと思います。



4億円も利益を出している人が何に恐怖する必要があるのか?


と一般投資家のほとんどが思ってしまいますが、この恐怖は金額の大きさに関係なくありますし、大きくなれば大きくなるほど逆に大きくなるものかもしれません。



それは【失う】ことへの恐怖です。



4億円なんて凄い大金なんだから少しくらい減ったって、全然平気じゃないかと思ってしまいますが、一度4億円を手にしてしまうと、その金額が徐々に減っていく事は、実はメンタル的な強さがなければ、耐えられないほどの恐怖なんです。



これは、投資を実際にしている人なら、金額こそ違いますが、近い経験をしています。



それは【含み利益】です。

(含み利益とは確定していない見込みの利益のこと)



自分が持っている通貨が上昇すると、含み利益が増えていきますが、最終的に利益を確定しなければ、実際にお金は入ってきません。



たとえば100万円の含み利益が出ていて、まだ上がるかもしれないと利益確定せずに置いておいたら、流れが変わって、含み利益が60万円まで減ってしまうと、なぜか40万円損した気分になります。



実際は60万円の利益になっているのにです。

こういう感覚はすべての投資家が経験していると思います。



もちろん同じレベルの話ではありませんが、たとえ4億円あっても失うことはやはり【恐怖】だという事です。



多くの人が4億円もの大金があれば、幸せな毎日を送っているだろうし、不安とか恐怖なんて何もないと思ってしまいます。



でも結局は金額の大きさではないんです。

失うことは恐怖であり、お金に対するストレスなんです。



ではどうすれば、恐怖や不安から開放されるのでしょうか?



4億円もの大金を持っても、お金を失う恐怖から開放されないんだったら、もっともっと少ない私たちはどうしたらお金の不安や

恐怖から開放されるんだろうか?って思ってしまいますね。



1つだけその恐怖から開放される方法があります。

その方法があれば、4億円なんて必要ではありません。


恐らく恐怖心を克服するには、この方法しかないと思います。



それは、【絶対的に信頼できる投資スキル】と【自信】を身につけてしまうことです。



4億円を手に入れてなくても、投資をする限り、確実に自分は利益を上げる事ができるという“ゆるぎない自信”

があれば恐怖を感じることはありません。



“いつでもお金を増やす事ができる”から安心できるんです。

金額の大きさではありません。



この主婦の方も、1億3900万円も脱税しなくても、またその残った2億6000万円の利益の一部を資金にしてさらに

お金を増やすことを考えればよかったんです。



もしかしたら、この人は“ツワモノトレーダー”ではなくて、“強運トレーダー”だったのかもしれません。



まぐれで4億円を稼いだんだったら、そのお金は使えばなくなるし、その資金を使って、さらに増やす自信もなく、恐怖も大きかったの

かもしれません。



私は1年で4億円もの利益は出していませんが、恐怖心はまったくありません。



それは投資をしている限り、利益を上げられる“絶対の自信”と 裏打ちされたその“投資スキル”があるからです。



そして、今の世界の経済システムが、がらっと変わらない限り【相場】がなくならない事を知っているからです。



さすがに相場がなくなると投資スキルを持っていても、活用する場がなくなりますが、相場が世界からなくなることはないでしょう。



そうすると、私はずっと利益を上げ続けることができるんです。

たとえ日本経済が破綻しても、事故で私の体が半身不随になっても大丈夫です。


だから恐怖心はまったくありません。



相場をずっと見ていなくても、稼げるポイントと、そうでないポイントも明確に分かるので、一日にほとんど投資に時間をつかう必要もありません。



子供と遊ぶ時間の方がずっと長いくらいです。(笑)


だから、お金の恐怖から開放されたいのであれば、お金を手に入れるスキルを身につけることです。




4億円は1年や2年では手に入らないかもしれません。


でも、投資スキルはまずしっかりと学んで、それと同時に1年ほど実践すれば、相当スキルは身につきます。



スキルが身についたときには、いつもお金の事ばかり考えていた自分が、お金の事を忘れて“子供と過ごす時間”に集中できたり

家族や友達と過ごす時間を大切にする事ができます。



税金でたくさん、お金を持っていかれたら、また相場から稼がせてもらえばいいと思えるようになります。



なんとかして利益を隠して、税金を持っていかれるのを防ごうとする必要もなくなります。


投資スキルは個人差こそあれ、学ぶ人には、必ず身につきます。


投資スキルを身につけるのに時間がかかる事は大したことではありません。

時間をかければいいだけです。まずはスキルを身につけましょう。


なんと言っても投資スキルさえ身につけてしまえば、4億円を手にした人でも得られなかった“絶対的な安心”を得る事ができます。




松下誠:123profit.jp


1967年生まれ。福岡県出身。富山医科薬科大学卒業後。製薬会社勤務をへながら、個人投資家として投資をはじめる。開始から2年で個人資産1500万円を失うも、その後、株式、商品先物、FX投資などすべての投資で使える、相場周期に合わせた簡単な利益の上げ方を発見し、それから利益を上げ続ける。2004年投資家として独立。2006年10月から"感情コントロール法;や価格変動予測法などの手法を教える会員制投資プログラムを開始し、トータル6000人以上が参加し、現在も2100名以上の人が参加中。土日を含む日刊で、 投資家育成のメルマガを発行し、ブログですべて公開している。

 

松下誠のFXウィークリーレポート

 





投資の世界で、8割以上の人がやってしまっている大きな間違いがあります。


それが“見たいモノを見る”もしくは、“都合のいいように相場を見る”という行為です。


ある企業の株価がこれから上昇するという特ダネ情報をどこかから仕入れた場合に、その株価が全然上がっていなかったとしたらこれはラッキーだ!とばかりに買ってみます。


もちろん株を買う行為自体は何の問題がある行為でもありません。


ただその柄の株価が上がるどころか逆に下がり始めた場合、「おかしいなー、でもそのうち上がり始めるだろう~」となかなか上がらない株を持ち続けて放置しておくという間違いをしてしまうのです。


株式投資をしている人なら、何度も経験した事がある事だと思います。


その行き着く先は、”塩漬け”です。


不確かな情報でも、自分にとってカチっとはまった時、人はその考えから抜け出せなくなるのです。いつの間にか、見たいモノを見て”上がって欲しい”という願望で投資をしてしまっている事が株式投資の世界にはよくあるのです。


日本での投資をしている人は3000万口座ありますが、そのほとんどの投資家が“この間違い”をしています。


実際、ほとんどの株は”塩漬け”状態にあります。


根拠乏しく買ってしまい、そしていくら利益が出たら
食うとかいくら損をしたら損切りするといった”出口戦略”を持たずに投資してしまった結果、塩漬けになってしまいます。


特ダネ情報に対しても、時に相場は全く反応しない事もあります。


相場は見たいモノではなく、あるがまま見なければいけません。
上がるというナリオの反対には、必ず下がるシナリオがある事を知らなければいけません。


日経平均が3万円台まで上がるという済アナリストがいれば、逆に8000円を切って下落していくという人もいます。


相場に”絶対”はありません。

絶対はないからこそ、必ず損切りを入れて、自分が見ようとしていないシナリオにも“対応”できるようにしておかなければいけないのです。


絶対に忘れてはいけないのは、相場はあなたの都合に関係なく動くという事です。


時に祈りたくなる事もあります。


「これ以上、下がらないでくれ~」

「頼むから上がってくれ~」


後100円下がれば、あなたの資金がなくなってしまうという状況でも、下がるときは容赦なく下がります。

だから、相場では見たいモノを見るのではなく、あるがまま見て、自分のナリオが否定された時には、ためらわずに撤退しましょう。


心配しなくてもチャンスは無数にあります。
そのチャンスは自分次第で何度でも取ることができます。
相場を見たいように見るのではなく、あるがまま見ていきましょう。

松下誠


松下 誠:123profit.jp

1967年生まれ。福岡県出身。富山医科薬科大学卒業後。製薬会社勤務をへながら、個人投資家として投資をはじめる。開始から2年で個人資産1500万円を失うも、その後、株式、商品先物、FX投資などすべての投資で使える、相場周期に合わせた簡単な利益の上げ方を発見し、それから利益を上げ続ける。2004年投資家として独立。2006年10月から"感情コントロール法"や"価格変動予測法"などの手法を教える会員制投資プログラムを開始し、トータル6000人以上が参加し、現在も2500名以上の人が参加中。土日を含む日刊で、投資家育成のメルマガを発行し、ブログですべて公開している。株式相場、観論の中のチャンス像はこちらから

http://www.123profit.jp/kabu/freeM.php?jvcd=1836




人気ブログランキングへ
稼げる123アフィリエイト

スポンサーサイト
2008.10.12 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。